双極性障害の予防と治療|ストレスが大きくなる病気

笑顔の女性

薬物療法を中心に行なう

窓

双極性障害の治療には炭酸リチウムが使われています。効果が出てくるまでに時間がかかりますが、この薬は衝動性を抑えることができる薬なので、自殺を起こしてしまうなどの衝動性を抑えてしまうことができ、自殺防止に役に立っている薬です。

View Detail

躁鬱が激しくなる

看護師

双極性障害は治らない病気ではないし、ほうっておくとさまざまなものを脅かす危険が大きいため、治療を早急かつ的確に行うことが重要。早めに相談し、自分や周囲がきっちり病気を理解しておくことが大切です。自分で解決したと思わずに医者に相談するようにしましょう。

View Detail

ストレスが大きくなる病気

カウンセリング

正確な診断が大切

多くのストレスを心の中で処理ができなくて、鬱症状で病院の精神科や精神内科に診断に訪れる人が多くなっています。病院の診断で単なる鬱症状だけかと思っていたら実は躁鬱病だったということも少なくはありません。生活が複雑になってきて、さまざまなストレスと戦っていかない現代人はいつ心の病気が発症してもおかしくない環境で今後ますます、鬱の症状を抱えて病院へ診断に来る人が多くなると予想されています。躁鬱病は昔の名称で現在は躁状態と鬱状態、二極の症状が出現することから双極性障害と呼ばれています。この双極性障害の特徴は、まさに躁状態と鬱状態が交互に出現することが特徴です。鬱の状態が体に表れて頭痛や腹痛など内科を受診する人も多く、精神科や精神内科を受診したとしても鬱の状態の時にしか受診する人がいませんので、単独の鬱病と診断されることが多くなっている病気です。この病気の治療には主に薬物療法での治療を行っていきますが、最初の診断で正確に双極性障害と診断されなければなりません。

誤診が多い病気

双極性障害は躁状態と鬱状態を交互に繰り返していきます。躁状態の時には気力が充実して、何でもできるような、またさわやかな気分になることが多く本人はそれが病気だともわからず病院には行きません。周囲も病気だとは分からないことが多く、鬱の状態になった時にあまりのつらさで、病院を訪れることが多くなっています。病院では問診を中心にして診断が行われますが、本人の鬱状態だけが目立ち自分が躁状態だったことを忘れる人が多く、診断の結果鬱病と診断される人が多くなっています。鬱病の時には抗うつ薬を投与しますが、いくら長期間服用しても病状が改善しなくて、ある日突然に躁の状態になりこれは鬱病ではなく双極性障害だったという事例もあります。双極性障害の治療には精神安定薬が処方されることになります。このように鬱病と双極性障害は投与される薬が全く違いますので、最初の診断が非常に重要になってきます。また治療を行っている途中で鬱病から双極性障害と病気の名前も変更されることが多い病気です。

気分障害を起こす症状

女性

気持ちが高ぶってとても活動的になる時期と、落ち込んで何もする気になれなくなってしまう時期が交互に現れる病気があります。それは、双極性障害です。双極性障害の治療を受けずに放置しておくと社会的に大きな打撃を受ける可能性がありますので、早めに病院を受診してみるようにした方がよいです。

View Detail

気分が高揚する病気

診断

何か特別なことがあったわけでもないのに、人が変わったようになってしまった場合は、精神疾患の可能性を疑ってみた方がよいです。別人のように活動的になっているのであれば、双極性障害に罹患している可能性があります。双極性障害は、薬物療法等で治療できる病気です。

View Detail

精神疾患の一つ

スーツの男性

何らかの原因によって脳が正常に機能しなくなり、感情の浮き沈みをコントロールすることができなくなってしまうのが双極性障害という病気です。躁状態による問題行動で社会的信用を失ってしまうケースが多いですが、早期に治療を受けるようにすれば普通に生活していけるようになります。

View Detail