双極性障害の予防と治療|ストレスが大きくなる病気

微笑む女性

躁鬱が激しくなる

看護師

治らないものじゃない

双極性障害は言い方を変えると躁鬱病。しかし見極めもつけづらく、自分がその病気だと気付けない病気でもあります。認め、正しい治療をすれば治らない病気ではありません。名前からうつ病と同じように思われがちなのですが、双極性障害とうつ病は全く別物であることに注意。躁状態という俗にいうテンションの高い状態の時はあまりつらさを感じないこともあるため、鬱状態で相談してみたら、躁状態が発見された、などというパターンも多いそうです。双極性障害には、症状が重めのI型と、軽めのII型があります。症状が軽いなら大丈夫、と思われがちですが、II型は再発しやすいという特徴があり、どちらも早急に適切な治療をするべきです。治療法ですが、薬物治療と生活の見直し、そして双極性障害について知るというものがメインになります。長期にわたって薬を飲みつづけなければいけないことの多い病気ではありますが、絶対になおしたほうがよい病気です。先ほど挙げたうつ病とは治療薬も違うため、うつ病と診断され薬を飲んでみても治らない、などあればそちらを疑ってみたほうがいいかもしれません。とにかく自分について知って、相談することが大切です。

早めな処置を

治療するまでも、と思ってしまう方が多い双極性障害ですが、しておかないとあとあと深刻化したり、再発も激しい病気です。勝手に治った、と思ってしまわないことが大切。なぜならほうっておくとどんどん平常でいられる時期、調子のいい時期が短くなってきてしまうからなのです。鬱状態のときに思う死にたい、という感情が湧きあがる上に、躁状態で行動的になってしまうため、最悪の事態を引き起こしやすいのです。自分だけでなく、周囲にも理解してもらえないと見捨てられてしまう、ということもあり得てしまいます。ですが治せばなんてことない普通の生活が送ることが出来、仕事も趣味も安心して打ち込むことができます。軽いものだから大丈夫、ではなく、ひどくなる前兆だと思って、早めに医者に相談するようにしましょう。また、自分やその身内で解決したと思わず、医者や専門家の指示には最後までしっかり従うことを念頭に入れておきましょう。また、周りの人にも早めに知ってもらい協力してもらうことで、関係が壊れないというメリットもあります。気になったら、是非相談をしてみてください。