双極性障害の予防と治療|ストレスが大きくなる病気

微笑む女性

気分が高揚する病気

診断

躁が起こる病気

陰気な人よりも明るくて活動的な人の方が、周囲から良い印象を持たれます。しかし、いくら明るい方がよいといっても、限度というものがあります。たとえば、家族の中に全く眠らずに動き回っている人がいたとしたら、他の家族は心配するのが当たり前です。活動的になりすぎて思いつきで突拍子もないことを始めたり、全く知らない人にドンドン話しかけたりするようになる人がたまにいます。普段はごく常識的な行動を取っている人が、人が変わったように活動的になっている場合は、双極性障害に罹患している可能性を疑ってみた方がよいです。双極性障害の症状がごく軽い場合であれば、適度に積極的な活動をすることができるため、本人も周囲もその状態をあまり問題視しない傾向が見られます。しかし、いずれうつ期が到来することが予想されますので、注意する必要があります。双極性障害は、躁状態の時期とうつ状態の時期が交互に出現する病気ですが、どちらか一方の症状だけが目立ってしまうケースがしばしばありますので、専門医によく診てもらうようにすることがとても大切です。

病院に行くメリットとは

何にでも興味を持って活動的になれる方が一見望ましいことであるかのように見えますが、躁状態にある双極性障害の患者は常軌を逸した行動に出る可能性がありますので、早めに適切な治療を受けるようにした方がよいです。双極性障害の治療を行っているのは、精神科や神経科、心療内科などです。適切な治療を受けずに放置しておくと、勝手に仕事を辞めてしまったり、多額のローンを組んで不要な高額商品を購入してしまったりする可能性があります。また、うつ期に移行した時に、躁状態にあった時の自分の行動を必要以上に恥じて自殺を図ったりする可能性もありますので「元気で何より」などとは考えないようにした方がよいです。今は、躁状態を安定させる良い薬がたくさん出ていますので、早めに病院を受診して双極性障害治療を受けるようにするのが一番です。薬物療法を受けると、大概の人は症状が落ち着きます。早い時期から病院で治療を受けるようにすれば、本人や家族が受ける社会的なダメージを最小限に食い止められるようになります。